43歳既婚男性会社員の愛人への想い

43歳男性、民間企業で働くサラリーマンです。
私には33歳の愛人がいます。
彼女と社内の違う部署で、会社全体の食事会を境に急に深い仲になりました。
容姿もなかなかで、他の男性が放っておかないようないい女でした。
だから私に気があるなんて思いもしませんでした。
しかし、社内で会う度に『私、愛人募集してますので…』などと意味深なことを何度か言われたので、薄々感づいてはいましたが…。
しかしいくら向こうがオッケーだからと言って妻子を持つ私から手を出すわけには行きませんでした。
私は愛人募集していはいませんでしたから。
しかし決定打は数年前の会社の忘年会。一緒に飲み、二次会を抜け出しお酒の勢いに任せてホテルへ行き…という流れでした。
なので会社の同僚の間では暗黙の了解となっています。
会社の中では、近しい人は皆私達のことを知っているので問題はないのですが、私には家庭もあります。
家族は妻と娘2人の4人暮らしで、4LDKのマンションに暮らしています。
妻との関係は良好で特に問題ありません。

愛人と家庭、両方上手くやっていました。
ところが先日、会社の彼女の方から愛人契約の話を持ちかけられました。
なんと、
『お小遣いをくれないか?』
という交渉をして来たのです。
私は吃驚しましたが、確かに今のままの関係では彼女には全くメリットがありません。
なので、彼女が一人暮らしをしている賃貸マンションの家賃6万5千円を私が支払うことにしました。
その代わり、こちらも家に自由に入らせてくれという条件を付けて。
彼女は喜んで受け入れ、愛人契約はすんなり締結されました。
それ以来、私と愛人の仲は今まで以上に良好でとても充実しています。
しかし良かったなと思うのは、たまたま会社の給料が高くて助かった、ということです。
私は今、43歳で課長職。
手取りが50万円ほどあります。
これが無かったら私は愛人を失っていたかもしれません。
金と女。
切っても切れない関係だな…と改めて考えさせられた一件でした。

愛しき人に伝えたい気持ち